萩野鹿子踊・仁田山鹿子踊

はぎのししおどり・にたやまししおどり

カモシカを模した五穀豊穣を願う民俗芸能

  • 仁田山鹿子踊
  • 萩野鹿子踊

鹿子踊(ししおどり)は市内北部の萩野と仁田山(にたやま)に伝わる民俗芸能。新庄の鹿子踊はカモシカを模していることが特徴で、これは全国でも珍しいものです。鹿子踊は、7人の踊り手と2人の「地方」で構成され、踊り手は、鹿子頭に膝まで垂らした袋状の幕を付けて、腹に鞨鼓と呼ぶ小太鼓を抱えて舞います。「地方」は垂れ布のついた饅頭傘をかぶり、着流し姿で太い竹で作った「ささら」という楽器をすり鳴らしながら御詠歌調の唄を歌いあげます。


獅子舞と似ているようで、田踊りの要素も感じられる新庄の鹿子踊。元はカモシカの動きを真似て舞ったところその年に豊作となり、以来五穀豊穣を願う目的で受け継がれてきました。

以前は村の結婚式や成人式などで披露されていたと伝わる鹿子踊。現在は地区のお祭りのほか、毎年8月26日に市内戸沢神社、護国神社への奉納鹿子踊として見ることができます。


基本情報

住所
山形県新庄市
備考
県指定無形民俗文化財
問い合わせ先
新庄市商工観光課

周辺にあるスポット

天満神社(最上公園内)
more
戸澤神社
more
新庄城址・最上公園
more
新庄ふるさと歴史センター
more
隠明寺凧
more
雪の里情報館
more
金沢公園(交通公園)
more
新庄・最上漫画ミュージアム
more
ゆめりあ
more
旧国鉄新庄駅機関庫
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

小松豊年獅子踊
more
山寺・宝珠山立石寺
more
ページトップへ