新庄城址・最上公園

しんじょうじょうし・もがみこうえん

寛永2(1625)年に新庄藩祖戸沢政盛が築いた新庄城趾の公園

新庄市は、新庄藩6万8千2百石の城下町です。
その居城新庄城は、三重の堀に囲まれた平城で、戸沢氏が初代藩主政盛から11代正実まで約243年にわたり領内を治めました。
現在は、当時の堀や石垣を残し戸沢神社・天満宮・護国神社がまつられています。
「最上公園」として市民憩いの場となっており、春にはソメイヨシノやシダレザクラなど約300本の桜が咲き誇ります。
春まつり・カド焼きまつりでは、大勢の花見客で賑わいます。
エリア
最上地方
新庄市
カテゴリー
観光施設
公園

基本情報

住所
山形県新庄市堀端町6-86
ウェブサイト
公式サイト
備考
面積(ha):5.5
開設年月日:昭27.4.16
問い合わせ先
新庄市商工観光課 観光交流室
電話番号
0233-22-2111
FAX番号
0233-22-0989

周辺にあるスポット

戸澤神社
more
天満神社(最上公園内)
more
萩野鹿子踊・仁田山鹿子踊
more
新庄ふるさと歴史センター
more
隠明寺凧
more
雪の里情報館
more
金沢公園(交通公園)
more
新庄・最上漫画ミュージアム
more
ゆめりあ
more
旧国鉄新庄駅機関庫
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

道の駅「とざわ」高麗館
more
七所明神
more
ページトップへ