小国城跡

おぐにじょうあと

小国城跡は、JRあつみ温泉駅の南西約10km、日本海岸より東へ直線にして約6.5km入った小国集落がある。
通称楯山(標高348.5m)の頂上(集落の登り口から約40分)を通称本丸跡とした山城であり、その近接した所に通称西大屋敷跡、通称二の丸跡、通称三の丸跡、通称駒立場跡がある。
羽越国境と主要街道を守る境目の城として築城・整備された山城跡となる。
正確な築城年代は不明であるが14世紀と推定されている。
元和元年(1615)年「一国一城の制」により廃城となる。
また、城主についての詳細は明確でないが、南北朝時代(1333~1392年)の小国城主小国因幡守の名前が残っている。
山麓につくられる山城の居館の多くは大小の土塁技法の導入がみられるが、小国城のような山頂部分(高地)に築かれた山城において土塁技法(規格性のある)採用しているのは珍しいといわれている。
そのことによって内部空間の確保及び威厳性をつくりあげている。
県内の城跡の中では最大の高低差があり、戦国時代の庄内地方における武藤氏と最上氏の抗争史を物語る上で重要な、庄内地方を代表する大規模な中世山城跡である。
(写真は、通称「本丸跡」です。)

基本情報

住所
999-7316 山形県鶴岡市小国字町尻2-6
アクセス
JRあつみ温泉駅よりバス20分
日本海東北自動車道「あつみ温泉IC」より車で10分
日本海東北自動車道「朝日まほろばIC」より車で80分
駐車場
小国山村振興センター駐車場をご利用ください。
ウェブサイト
マップデータ
ウェブサイト
つるおか観光ナビ
備考
指定年月日:14年12月19日
問い合わせ先
小国山村振興センター
電話番号
0235-47-2931
FAX番号
0235-47-2931

周辺にあるスポット

湯見ヶ滝
more
温海川ダム
more
大清水公園
more
温海岳
more
温泉神社
more
熊野神社(鶴岡市)
more
あつみ温泉ばら園
more
芭蕉供養碑
more
藤原清人の碑
more
長徳寺
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

戊辰の役激戦地記念碑
more
伝国の杜 米沢市上杉博物館
more
旧渋谷家住宅(田麦俣多層民家)
more
伊達時代の山城を巡る ~小国町~
more
ページトップへ