小松豊年獅子踊

こまつほうねんししおどり

県指定無形民族文化財

小松豊年獅子踊は、平安時代初期に法輪に敗れてこの地に下った徳一上人を慰めるために里人が踊ったのが始まりと言われ、江戸時代には豊作の年のみ踊ることが許されたことから豊年獅子踊と呼ばれるようになりました。

現在は毎年8月16日と27日の例祭に奉納され、獅子による躍動感溢れる踊りや火の輪をくぐる“狂い獅子”が披露され会場が盛り上がります。

花笠をかぶった6人の早乙女の太鼓に笛と歌が流麗な調べを重ね、動と静の交錯する古典的な美と雅が表現されています。

※2020年の開催は中止となりました。

エリア
置賜地方
川西町
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所
山形県川西町
アクセス
東北中央自動車道 米沢中央ICより車で約30分
ウェブサイト
川西町公式ホームページ
備考
県指定無形民族文化財  指定年月日:昭和55年5月12日
(小松豊年獅子踊保存会)
開催期間
2021年8月16日・27日開催予定
問い合わせ先
川西町生涯学習課
電話番号
0238-44-2843

周辺にあるスポット

松光山 大光院(真言宗)/ 置賜三十三観音 第14番 置霊観音
more
真済僧正の供養塔
more
原田城趾
more
置賜公園ハーブガーデン(置賜公園ハーブガーデンフェア)
more
川西ダリヤ園
more
川西温泉 川西町浴浴センターまどか
more
小松皇大神社
more
川西町営小松スキー場
more
東陽寺
more
常念寺
more
ページトップへ