獅子舞(宮 總宮神社例祭)

ししまい(みや そうみやじんじゃれいさい)

總宮神社の獅子舞は、長井の獅子舞の起源とされ、「宮村昔ばなし(宮の總宮神社伝)」の伝承によると“軍士ヲシテ獅子ヲマワシム”とあり、今から約千年程前、源頼義が前九年の役(1051年~1062年)の戦勝祝いと併せ、宮・總宮神社(現在)の社殿を再建した時、軍士たちに獅子舞をさせたのが始まりとされている。また、この獅子舞は野川上流の三淵に身を投じた「卯の花姫」が竜神となり、總宮神社の例大祭に招かれ、野川の流れを下る姿であると伝えられている。

 總宮神社の獅子舞は、伝統と歴史を感じる格式高い獅子舞で、市の無形民俗文化財に指定されている。

エリア
置賜地方
長井市
カテゴリー
祭り・伝統行事

基本情報

住所
山形県長井市横町14-24
営業時間
両日とも午後3時30分~
アクセス
フラワー長井線あやめ公園駅下車、徒歩5分
ウェブサイト
總宮神社
ウェブサイト
長井市
備考
会場:總宮神社
※日程については例年の予定であり、状況により変更となる場合がございますのでご了承ください
開催期間
9月中旬
問い合わせ先
長井市観光協会
電話番号
0238-88-5279
FAX番号
0238-88-5276

周辺にあるスポット

總宮神社
more
普門坊
more
普門坊木造馬頭観世音菩薩立像
more
遍照寺
more
大悲山 普門坊(真言宗)/ 置賜三十三観音 第10番 宮の観音
more
まるはち酒店
more
長井あやめ公園
more
長井あやめまつり 
more
貿上醤油店
more
貿上醤油店
more
ページトップへ