観光DB詳細(観光スポット)

山寺/宝珠山立石寺 やまでら/ほうじゅさんりっしゃくじ
 宝珠山立石寺を中心とする山寺は、慈覚大師が貞観2年(860)12月、清和天皇の勅許を得て創建した古刹と伝えられ、全山を構成する角礫凝灰岩は永年の水蝕と風蝕によって奇岩怪石を残し、これが樹間に隱顕し四季おりおりの景観は絶佳です。
 奥の院に到る参道石階は、立ちならぶ句碑や板碑と共に苔むして老杉怪石の間に立ち、幾多の堂塔を配し千古の静寂をたたえています。
 元禄2年(1689)俳聖松尾芭蕉も門人河合曽良とともに訪れて一泊し、『閑さや岩にしみ入る蝉の声』の名句を「おくのほそ道」に残しています。
Information
  • 名称 山寺/宝珠山立石寺
  • 所在地 山形市山寺4456-1
  • 電話番号 023-695-2843
  • 料金 入山料
    大人 300円
    中人(中学生) 200円
    小人(四歳児以上) 100円
  • アクセス 山寺駅より徒歩5分
  • 駐車場 周辺有料駐車場を利用
  • お問合せ先 立石寺山門事務所
  • ホームページ http://www.rissyakuji.jp/
Spot List
Access Map
Link
【最終更新日】 2016年10月03日
観光スポットの検索

合計104,272,843件 今日4,178件 昨日44,672件