蔵王温泉

ざおうおんせん

冬一番のお楽しみ スキーと樹氷と温泉!

湯量が豊富でパワフルな強酸性の硫黄泉。温泉街のそこかしこに湯気が立ち上り、何十軒もの旅館やホテルが建ち並びます。肌を白くする効能から「姫の湯」、子供が元気に育つから「子供の湯」と呼ばれることも。そんな名湯を気軽に楽しめるのが、共同浴場。「上湯」「下湯」「川原湯」という3つの共同浴場はいずれもわずか200円。それぞれの距離が徒歩3分圏内という近さなので、湯めぐりするのにも便利です。


蔵王温泉で人気の観光といえば、やはり「蔵王連峰」。山頂の火口湖「蔵王のお釜」は、緑色の湖水が神秘的な美しさをたたえる、夏の蔵王の代表的な景観です。


冬のお楽しみはなんといっても、巨大なスキー場「蔵王温泉スキー場」と、スノーモンスターと呼ばれる「蔵王の樹氷」。樹氷のピークは2月で、スキー場の頂上付近で見られます。スキーやスノーボードをしなくても、ロープウェイに乗れば見ることができます。夜には樹氷のライトアップも。昼のスノーアクティビティ+夜の樹氷ライトアップ+温泉旅館宿泊が、蔵王温泉を最も満喫できるおすすめプランです。

基本情報

住所
山形県山形市蔵王温泉
アクセス
●山形駅からバスで40分(蔵王温泉行き「蔵王温泉」下車)

●山形道 山形蔵王ICから車で35分
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
蔵王温泉観光協会
電話番号
023-694-9328
FAX番号
023-694-9327

周辺にあるスポット

蔵王温泉観光協会案内所
more
蔵王温泉スキー場
more
ZAOセンタープラザ ゆ~湯
more
湯の花茶屋 新左衛門の湯
more
かんじきスノーハイク
more
山形酒のミュージアム&湯けむり屋台つまみ
more
蔵王中央ロープウェイ
more
すのこの湯 かわらや
more
蔵王温泉共同浴場
more
蔵王ベースセンター ジュピア
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

天元台高原スキー場
more
銀山温泉
more
蔵王の樹氷
more
羽黒山
more
山寺(宝珠山立石寺)
more
最上峡芭蕉ライン観光(最上川舟下り)
more
クラゲ展示種類数で世界一を誇る加茂水族館
more
玉簾の滝
more
白銀の滝
more
蔵王樹氷まつり
more
ページトップへ