払田の地蔵のマツ(県指定文化財)

はらいだのじぞうのまつ

樹齢400年の巨木には不思議な逸話が・・・

根回りは4m30cm、推定樹齢400年のクロマツで、大きく傘型に広がった美しい枝張りは25メートルほどある。この巨木は県の指定文化財に登録されており、地域の人々の心のよりどころ、地元のシンボルになっている。かつて荘内藩酒井氏がこのマツの美しさに魅了され、御殿の庭園に移植したところ、毎夜のように女性の泣き声が聞こえるようになり、松を元の位置に移し変えたという伝説が残っている。その際に置かれたとされる石造りの六面地蔵も現存している。

基本情報

住所
山形県庄内町払田字サビ
ウェブサイト
公式サイト
備考
指定年月日:昭33.7.25
地番:35431
地目:畑
地積:562
問い合わせ先
庄内町観光協会
電話番号
0234-42-2922

周辺にあるスポット

梵天塚古墳(町指定文化財)
more
庄内町ギャラリー温泉 町湯
more
上朝丸八幡神社
more
梅枝山 乗慶寺(曹洞宗)/ 庄内三十三観音 第14番
more
庄内町新産業創造館クラッセ
more
あまるめホッとホーム
more
内藤秀因水彩画記念館
more
羽黒古道
more
余目八幡神社
more
松岩寺
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

北楯大学墓
more
ページトップへ