山野辺城址

やまのべじょうし

最上義光の子息が城主

慶長6年(1601年)山形城主最上義光の第4子山野辺義忠公が山辺城主となり、四の堀や出丸を持つ平山城として完成しました。周辺の道は「三叉路」や「食い違い」により安易に直進できないような工夫がなされています。城跡はほとんどなくなり、周囲の土塁にわずかな往時を偲ぶのみとなっています。

基本情報

住所
山形県山辺町山辺
アクセス
羽前山辺駅より車5分
駐車場
備考
町指定文化財第9号
問い合わせ先
山辺町教育委員会
電話番号
023-667-1115

周辺にあるスポット

旧山野辺陣屋玄関
more
オリエンタルカーペット株式会社
more
安達峰一郎博士の生家と碑
more
山辺町ふるさと資料館
more
ふるさと交流センター「あがらっしゃい」
more
ニット館すだまり
more
安国寺/安国寺庭園
more
愛宕山/愛宕神社/大杉
more
産直やまのべ温泉市
more
観音山 常福寺(曹洞宗)/ 最上三十三観音 第13番 三河村観音
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

レストラン徳良湖
more
ページトップへ