黄金温泉

こがねおんせん

大蔵鉱山とともに歩んできた、肘折温泉の奥座敷

明和年間(1764-1780)大蔵鉱山(金山)が発見されるとすぐに開湯し、以後大蔵鉱山の歴史とともに歩んできました。泉質は含重曹弱食塩泉で、傷やリウマチ、婦人病に効くと言われています。肘折温泉街からは徒歩で約15分程度の場所。

エリア
最上地方
大蔵村
カテゴリー
温泉地
温泉

基本情報

住所
山形県大蔵村黄金温泉
アクセス
新庄駅より車で45分
備考
【泉質】
ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩温泉
【効用】
創傷火傷、慢性皮膚病、関節のこわばり
問い合わせ先
大蔵村観光協会
電話番号
0233-76-2211

周辺にあるスポット

カルデラ温泉館
more
肘折こけし
more
源泉公園
more
上の湯
more
旧肘折郵便局舎
more
肘折温泉朝市
more
肘折温泉
more
肘折いでゆ館
more
小松渕
more
地蔵倉
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

出羽三山神社
more
釜の越農村公園
more
葉山公衆浴場
more
ページトップへ