歓喜寺

かんきじ

清河八郎と妻お蓮が眠る 歴史ある寺

天正7年(1579年)の創建、杉林に囲まれ北楯大堰沿いにある歴史ある寺である。境内には明治維新の魁 清河八郎とお蓮の公墓所(山岡鉄舟と勝海舟の筆)、戊辰戦争清川口合戦庄内藩士の墓所、天保飢饉義民慰霊碑がある。寺宝としては釈迦三尊像の他に山岡鉄舟筆「金華山」の大額、高橋泥舟の筆などがあり、庄内百観音札所45番の本霊場としても親しまれている。
エリア
庄内地方
庄内町
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県庄内町清川花崎167
アクセス
清川駅より徒歩で5分
ウェブサイト
庄内町観光協会   
問い合わせ先
歓喜寺
電話番号
0234-57-2134

周辺にあるスポット

御諸皇子神社
more
清河神社
more
清河八郎の墓碑
more
清河八郎記念館
more
芭蕉上陸の地
more
清川歴史公園 清川関所
more
官軍墳墓
more
川の駅・最上峡くさなぎ
more
幻想の森
more
白糸の滝
more
ページトップへ