清河八郎記念館

きよかわはちろうきねんかん

清川八郎没後100年忌を記念して建てられた遺品の保管・展示資料館です

激動の幕末を駆け抜けた明治維新の魁である「清河八郎」にゆかりのある遺品及び明治維新資料を収蔵・展示しています。その内51点が山形県の文化財に、52点が庄内町の文化財に指定されています。1962年(昭和37年)に庄内戊辰の役清川口古戦場御殿林を背景に、清川八郎を祭神とする清河神社境内に建立されました。近くには清河八郎と妻・お蓮(れん)の墓碑が並ぶ歓喜寺があります。


エリア
庄内地方
庄内町
カテゴリー
観光施設
資料館

基本情報

住所
999-6606 山形県庄内町清川字上川原37
営業時間
3月~11月  10:00~17:00
休業日
月曜日
12月~2月は閉館
料金
大人400円 高校生300円 中学生200円 小学生以下無料 障がいのある方及びその付添人200円
ウェブサイト
清川八郎記念館HP
問い合わせ先
清河八郎記念館
電話番号
0234-57-2104

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

神町りんご研究所
詳細はこちら
ページトップへ