楯の大イチョウ

たてのおおいちょう

 楯の大イチョウは、国道112号の東側に高くそびえる大木で、樹齢は600年以上といわれています。
樹幹周囲約7メートル、高さ30メートルにも及ぶ雄株のイチョウで、根元から1.5メートルのところから2本に枝分かれしているのため全体の均整がよくとれています。
大イチョウのある場所は、文安2(1445)年から最上家改易の元和8(1622)年までつづいた当地の領主、中山氏の本拠地であった長崎楯(城)の本丸があった所で、イチョウの木は、この前庭にあったのだと伝えられています。
 当時の古井戸は今も現存しています。晩秋になって、木の葉が黄色に輝くころが、楯の大イチョウの一番の見頃を迎えます。この時期が過ぎると、当地では「大いちょうの葉が落ちてしまうと雪が降る」と言い伝えられています。

 

基本情報

住所
山形県中山町長崎419-1
アクセス
●山形駅よりバス長崎元町下車徒歩3分
●羽前長崎駅より徒歩5分
ウェブサイト
公式サイト
備考
樹齢・幹回り:樹齢600年
幹回り7m
※町指定有形文化財
問い合わせ先
中山町教育委員会(歴史民俗資料館)
中山町観光協会
電話番号
023-662-2175
023-662-2114

周辺にあるスポット

長崎楯跡
more
頼円寺
more
円同寺
more
楯稲荷神社
more
正法寺(中山町長崎)
more
満願寺
more
八坂神社(中山町)
more
光秀院(大日如来坐像)
more
中山町立歴史民俗資料館
more
旧長崎学校の玄関
more
ページトップへ