酒田町奉行所跡

さかたまちぶぎょうしょあと

酒田町の治安維持をしていた町奉行所

  • 案内看板
  • 模型
酒田町奉行所跡は戦国時代、一時最上義光が庄内を領有した時、高橋伊賀が住んでいました。
1622(元和8)年、酒井家入部後は御町代官と称していましたが、1624~1645(寛永年間)までには御町奉行所に改められ、以後明治維新に至るまで246年間、町政の役所として機能してきました。
現在の跡地は奉行所の裏側にあたり1,000センチ平方メートル程度ですが、当時の屋敷図では現在の5倍もの広さがあり、堀と土塁を廻らせ南端は新井田川に接していました。

基本情報

住所
998-0043 山形県酒田市本町1-3-12
料金
無料
アクセス
JR酒田駅から車で約7分
日本海東北自動車道 酒田ICから車で約15分
駐車場
山居倉庫駐車場をご利用ください
問い合わせ先
酒田市社会教育課
電話番号
0234-24-2994

周辺にあるスポット

屋形船みづき
more
本間家旧本邸
more
山居倉庫
more
庄内米歴史資料館
more
酒田夢の倶楽
more
最上川河口
more
旧鐙屋
more
酒田市立資料館
more
酒田柳小路屋台村 北前横丁
more
海晏寺
more
ページトップへ