薬研の湯

やげんのゆ

亀若丸が誕生した際、産湯を探して谷川を下った弁慶が川辺に湯けむりをを見つけ、なぎなたで岩を砕いたところ温泉が出てきたとされています。

現在も温泉が湧き出ていますが、高温なため入浴できず、湯気が立ちのぼる景色を眺めるだけとなっています。

基本情報

住所
山形県最上町大堀
問い合わせ先
瀬見温泉旅館組合
電話番号
0233-42-2123

周辺にあるスポット

瀬見温泉の桜
more
瀬見温泉
more
ゆめみの宿観松館
more
瀬見温泉共同浴場 せみの湯
more
亀割子安観音
more
弁慶の硯石・投げ松
more
瀬見渓谷
more
川の駅 ヤナ茶屋もがみ
more
杢蔵山
more
三の滝
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

日帰り温泉「おくのほそ道」赤倉ゆけむり館
more
旧有路家住宅(封人の家)
more
産直さけまるくん
more
しろがね湯
more
旧国鉄新庄駅機関庫
more
ページトップへ

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください