薬研の湯

やげんのゆ

亀若丸が誕生した際、産湯を探して谷川を下った弁慶が川辺に湯けむりをを見つけ、なぎなたで岩を砕いたところ温泉が出てきたとされています。

現在も温泉が湧き出ていますが、高温なため入浴できず、湯気が立ちのぼる景色を眺めるだけとなっています。

基本情報

住所
山形県最上町大堀
問い合わせ先
瀬見温泉旅館組合
電話番号
0233-42-2123
ページトップへ