若松寺

じゃくしょうじ

飛鳥時代末の和銅元年(西暦708年)に行基菩薩が開山した霊場。 その後、平安時代、慈覚大師(円仁和尚)が山頂付近にあった御堂を現在の地に移し、 造営工事をし大規模な伽藍配置をしました。室町時代には最上 三十三観音札所の第一番に位置づけられ、「縁結びの観音様」で有名になった現在も、毎年多数の巡礼者が訪れています。

4~12月の毎月第1日曜日には、予約不要の「縁むすび祈願祭」を開催しています。


また、門前町の面影が残る若松街道沿いの家並みと、対照的に山の向こうに広がる天童の街並みを同時に見ることができます。

<

やまがた景観物語バナー
エリア
天童市
村山地方
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県天童市山元2205-1
アクセス
JR天童駅より車15分 
山形自動車道山形北I.C.より車40分
駐車場
ウェブサイト
天童市
ウェブサイト
最上三十三観音
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
若松寺
電話番号
023-653-4138
FAX番号
023-653-2700

周辺にあるスポット

鈴立山 若松寺(天台宗)/ 最上三十三観音 第1番 若松観音
more
ジャガラモガラ
more
だんらん滝(不動の滝)
more
天の湯/足湯
more
駒の湯/足湯
more
天童市森林情報館「もり~な」 ~自然・景観名所案内~
more
道の駅 天童温泉
more
湯坊いちらく
more
御苦楽園
more
天童ホテル
more
ページトップへ