鈴立山 若松寺(天台宗)/ 最上三十三観音 第1番 若松観音

じゃくしょうじ(わかまつかんのん)

最上三十三観音 第1番 若松観音(天台宗 鈴立山 若松寺)について


■百物語(由来・歴史)

奈良時代の高僧・行基がこの地にたどり着いたとき、山の東方から鈴の音が聞こえてきたため山上に登ったところ、光り輝く三十三観音の御影を拝したことから開山し、後に弘法大師が一千座の護摩を奉修したといわれる。
ご本尊は行基が山上の杉で刻んだ聖観世音菩薩。現在は秘仏として安置され、代わりに江戸時代に寄進された聖観音立像が出迎えてくれる。
「めでた、めでたの若松様よ…」と花笠音頭で唄われているように、縁結びの仏としても知られる。


■御利益

良縁成就
心願成就


■おすすめポイント

「西の出雲、東の若松」と言われ、縁結びの観音様である若松観音が祀られています。縁結び祈願で訪れるなら、4月~12月の毎月第1日曜日に開催される「縁結び祈願祭」でご祈祷を。祈願祭の後は、ご住職のありがたいお話を聞いて、握手をしていただきましょう。ご住職と握手できた人は良縁に恵まれるとか!? 祈願祭限定の絵馬も販売されます。鐘楼堂近くにある縁福大風鈴はいつでも鳴らすことができます。良縁や幸福の願いを込めてゆっくり3回鳴らし、心静かに合掌を。


境内には、国指定重要文化財に指定された若松寺観音堂をはじめ、学問や芸術の女神である弁天様を祀る奥の院、子どもを抱いた地蔵様を祀る地蔵堂(子育て地蔵)、元三大師堂、鐘楼堂など歴史ある文化財が点在。秋には境内に植えられたモミジが真っ赤に染まり、紅葉の名所としても知られています。また、境内から往復約30分、山頂までの遊歩道があります。山頂からは天童市内を一望することができ、天気がいい日は遠くに月山を眺めることができる、まさに絶景ビュースポットです。


若松寺観音堂(国指定重要文化財)
金銅聖観音菩薩懸仏(国指定重要文化財)
板絵著色神馬図(国指定重要文化財)
良縁の寺・縁福大風鈴
ムカサリ絵馬


■おすすめビューポイント
高さ6.7メートルの石鳥居をくぐり、地蔵尊や供養塔を通り、杉・ケヤキに囲まれ四季折々の歴史を感じる古参道。

■御本尊

聖観世音菩薩


エリア
天童市
村山地方
カテゴリー
歴史・文化
寺院

基本情報

住所
山形県天童市大字山元2205-1
アクセス
●JR天童駅から車で約15分
●東北中央自動車道 天童ICから車で約18分
※冬期間は斜面で大変滑り安くなります。四輪駆動車でお越しいただくことをおすすめします。
駐車場
あり
ウェブサイト
最上三十三観音公式HP
備考
御朱印:社務所
電話番号
023-653-4138

周辺にあるスポット

若松寺
more
ジャガラモガラ
more
だんらん滝(不動の滝)
more
天の湯/足湯
more
駒の湯/足湯
more
天童市森林情報館「もり~な」 ~自然・景観名所案内~
more
道の駅 天童温泉
more
御苦楽園
more
将棋むら 天童タワー
more
天童タワー/紅花染教室
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

三神合祭殿
more
最上川ふるさと総合公園
more
土門拳記念館
more
弁財天滝
more
白銀の滝
more
紅花資料館/旧堀米邸
more
鳥海山
more
ページトップへ