十六羅漢岩

じゅうろくらかんいわ

日本海の荒波に洗われる岩に彫られた羅漢像

吹浦海禅寺21代寛海和尚が、仏教の隆盛と衆生の救済を願って1864年に造佛を発願し、地元の石工たちを指揮5年の年月をかけて明治元年22体の磨崖仏を完工しました。
16の羅漢に釈迦牟尼、文殊菩薩、普賢菩薩、観音、舎利仏、目蓮の三像を合わせて22体。
これだけの規模で岩礁に刻まれているのは日本海側ではここだけといわれ、歴史的にも貴重な資源です。
未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選(水産庁選定)

抜けるような青空の下での羅漢岩と日本海のコントラスト、あるいは、日本海に沈む夕日のシルエットとしてひっそりたたずむその姿は、訪れる者の時間を忘れさせるほどです。
やまがた景観物語バナー

基本情報

住所
999-8521 山形県遊佐町吹浦西楯
駐車場
100台
ウェブサイト
公式サイト
問い合わせ先
NPO法人遊佐鳥海観光協会
電話番号
0234-72-5666

周辺にあるスポット

出羽二見
詳細はこちら
西浜コテージ村
詳細はこちら
西浜キャンプ場
詳細はこちら
松河山 海禅寺(曹洞宗)/ 庄内三十三観音 第16番
詳細はこちら
釜磯海水浴場
詳細はこちら
西浜海水浴場
詳細はこちら
鳥海温泉 遊楽里
詳細はこちら
鳥海温泉保養センター あぽん西浜
詳細はこちら
鳥海山大物忌神社吹浦口ノ宮
詳細はこちら
佐藤政養碑
詳細はこちら
ページトップへ