鍋掛松

なべかけまつ

芋煮会発祥の地のシンボル

最上川舟運が中山町長崎から白鷹町荒砥まで通じたのは、元禄7年(1694年)のこと。それまでは、長崎湊が舟運の終点であり、米沢方面へ船荷の積み替えが行われた要地でした。その舟運に携わる船頭や商人たちは荷揚げや荷待ちの逗留の間、棒鱈と里芋を材料に、川岸の松の枝に鍋を掛けて煮てたべました。これが芋煮会の始まりであり、ここに立つ松が5代目の「鍋掛松」なのです。

基本情報

住所
990-0492 山形県中山町いずみ1
アクセス
羽前長崎駅より徒歩8分
駐車場
130台
ウェブサイト
中山町
備考
ひまわり温泉「ゆ・ら・ら」地内
問い合わせ先
中山町観光協会
電話番号
023-662-2114

周辺にあるスポット

芋煮会発祥の地 中山町
more
ひまわり温泉 ゆ・ら・ら
more
中山町民テニスコート
more
中山町立歴史民俗資料館
more
旧長崎学校の玄関
more
最上川中山緑地(運動広場など)
more
グリバーさがえ
more
満願寺
more
楯稲荷神社
more
長崎楯跡
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

丸山薫記念館・詩碑
more
ページトップへ

当サイトでは、利便性の向上と利用状況の解析、広告配信のためにCookieを使用しています。サイトを閲覧いただく際には、Cookieの使用に同意いただく必要があります。詳細はクッキーポリシーをご確認ください