随神門

ずいしんもん

出羽三山神社の神域の表玄関です

神域に邪悪なモノが侵入するのを防ぐ御門の神を祀っています。
明治時代まで「仁王門」と呼ばれており、1695年に現秋田県由利本荘市矢島の領主生駒山讃岐守が、家運繁栄と極楽往生を祈って寄進しました。
エリア
庄内地方
鶴岡市
カテゴリー
歴史・文化
神社

基本情報

住所
山形県鶴岡市羽黒町手向羽黒33
アクセス
JR鶴岡駅から羽黒山頂行きバス40分、羽黒センター下車、徒歩5分
関連資料
羽黒山参道にある末社の案内マップです
電話番号
0235-62-4727(羽黒町観光協会)
ページトップへ