蔵王の樹氷

ざおうのじゅひょう

モコモコに育ったスノーモンスター「蔵王の樹氷」に会いに行こう!




樹氷は限られた地域にしか見られない、全国的にも珍しいもの。


「蔵王の樹氷」は、霧状になった氷点下の水滴(過冷却水滴)を含んだ季節風が、オオシラビソ(アオモリトドマツ)の木々にぶつかり瞬間的に凍り付くことで大きく成長していきます。


独特な形状で大きく成長した樹氷群は、自然がつくり出すアートのようでもあり、愛嬌あるモンスターのようでもあります。


樹氷の楽しみ方は、「ロープウェイで」「ウィンタースポーツを兼ねて」「ライトアップを」「夜の樹氷を雪上車で」とさまざま。


定番の観賞方法は「蔵王ロープウェイ」。山麓線と山頂線の2線を乗り継いで樹氷ができる地蔵山頂駅へ。スキーやスノーボードをしなくても乗車OK。


シーズンには「樹氷ライトアップ」が開催され、夜の樹氷を楽しむこともできます。多彩なライトに照らし出された樹氷群が織りなす風景は、異世界に迷い込んだかのよう。


蔵王ロープウェイから雪上車「ナイトクルーザー号」に乗って観賞する「樹氷幻想回廊ツアー」に参加する手も。


また、蔵王温泉スキー場内には「樹氷原コース」があり、日中、樹氷を眺めながらスキーやスノーボードで爽快に滑ることもできます。


樹氷のシーズンは例年12月下旬~2月下旬頃。気象条件によって見られる時期が変わるため、最新情報は各サービスの予約時に確認を。



■山形県「未来に伝える山形の宝」登録制度 推奨テーマ「世界に誇る蔵王の樹氷と自然景観を未来へ」


■山形県「樹氷復活県民会議」

基本情報

住所
山形県山形市蔵王連峰 地蔵岳山頂付近
アクセス
JR山形駅から蔵王温泉バスターミナルまで路線バスで約40分、下車後徒歩約15分で蔵王ロープウェイ山麓駅へ。その後、蔵王ロープウェイ利用(山麓駅~樹氷高原駅~地蔵山頂駅)
ウェブサイト
蔵王ロープウェイ「樹氷・樹氷ライトアップ」
ウェブサイト
山形県「山形ものがたり『蔵王の樹氷』」
ウェブサイト
世界の蔵王プロジェクト実行委員会「蔵王の樹氷」
ウェブサイト
蔵王温泉マウンテン&スノーリゾート
ウェブサイト
樹氷復活県民会議
備考
樹氷復活県民会議(山形県環境エネルギー部みどり自然課) 023-630-2207
問い合わせ先
蔵王ロープウェイ
電話番号
023-694-9518

周辺にあるスポット

斎藤茂吉歌碑/蔵王熊野岳山頂
more
蔵王国定公園
more
蔵王連峰(蔵王山)
more
蔵王の登山・トレッキング
more
ジャパンエコトラック 蔵王エリア(山形県・宮城県)
more
蔵王中央高原
more
ドッコ沼
more
SORAMADO cafe 1387-ISAHANA
more
御田ノ神湿原
more
蔵王刈田リフト
more

このページを見ている人は、
こんなページも見ています

銀山温泉
more
蔵王温泉
more
山寺・宝珠山立石寺
more
垂水遺跡/峯の浦
more
白川湖の水没林
more
延沢銀山遺跡
more
蔵王樹氷まつり
more
蔵王ロープウェイ
more
ページトップへ